退院祝いには現金ではなく品物を贈るのが一般的で贈り物の金額の相場は3千円から1万円くらいと言われています

病気や怪我で入院していた人が退院する時には退院祝いを贈ります。
入院中はタイミングが合わずにお見舞いに行けなかった場合でも、退院祝いを贈ってお祝いすると良いでしょう。

金額の相場は様々で一概に表示するのはなかなか難しいところですが、3千円から1万円位と言われており、友人なら3千円、職場の上司では5千円、親族なら1万円が目安です。

金額はあくまでも一例で、相場というよりもお祝いしたいという気持ちが大切なので、相手の負担にならない程度の気持ちを贈りましょう。
現金ではなく品物を贈るのが一般的で、様々な意味合いからフルーツや菓子、洗剤、タオル、麺類などが選ばれることが多いです。

「食べて残らない」という意味でフルーツや菓子といった食品はよく選ばれ、菓子やコーヒー、お茶などは小分けにも出来るので家族と一緒に食べられますし、フルーツは体に良いイメージで定番になっています。

「病気を洗い流す」という意味では洗剤や石鹸、入浴剤が選ばれ、「健康や長生き」の意味を持つ麺類は素麺やうどんなどが喜ばれています。
また、相手が好きな物を選べるカタログギフトも最近では人気があり、相手の都合によって選ぶことが出来るため喜ばれます。

何を贈るにしても、何かと荷物が多くなる退院の日では持ち帰るのが大変になることも考えられますので、御家族と相談するなどして、退院後1週間前後から1ヶ月くらいを目安に、郵送といった方法で贈るのが一般的です。
内容も時期も、相手の健康状態を考慮して贈り物をすると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:退院祝い

このページの先頭へ