病気やケガが完治して退院祝いやお見舞いへのお返しのことを、快気祝いや快気内祝いと言います

病気やケガで入院したり、通院などによる自宅静養でお見舞いに来ていただいた方に、全快したことを報告するお礼のあいさつとしての退院祝いやお見舞いのお返しの事を、快気祝いまたは快気内祝いと言います。

快気祝いを贈る際は、お見舞いを頂いた方全員にお返しするのがマナーで、完治したらなるべく早い時期、できれば10日前後に先方に届くようにすると良いでしょう。
品物ではなく快気祝いの会を開きおもてなしをすることで快気祝いとするケースもありますが、たいていは物品を贈ることが多いです。

品物を贈る場合には、いただいた金品の3分の1から2分の1程度の金額のものを選ぶのが一般的で、お見舞いをいただいた金額が人によってまちまちの場合は一律の商品を贈っても構いません。また、会社関係で部署や課など一同からいただいた場合には、「○○部(課)御一同様」として贈ると良いでしょう。

病気やケガが完全に治った、後に残らないようにという気持ちを込めて、使いきってなくなるものや消えてなくなるもの、食べてなくなるものが選ばれています。
溶けてなくなるの意味から砂糖・石鹸・洗剤・お菓子など、一般的に入浴剤やタオルも病を水に流すという意味から適しています。

最近ではカタログギフトも人気があり、贈られた方が好きな商品を選べるので、幅広い世代の方に喜ばれます。
バラエティ豊富な総合タイプからこだわりセレクトタイプなど、多くの品から必要なものを選べる好適品なので利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:退院祝い

このページの先頭へ