退院祝いとはどのようなマナーがあり、贈る品物にはどのような物があるか

退院祝いとは、退院をお祝いするために退院した方に贈るものです。
似たようなものに快気祝いがありますが、こちらは、退院した方からお見舞いなどを頂いた人へのお返しです。

お祝いを贈る時は、退院後に先方の自宅へ贈ると良いですが、退院の際に会うことが出来るのであれば、その場で渡しても良いでしょう。
退院祝いの金額は、お見舞いをしたのであれば一般的には必要ありません。

お見舞金と重複すると相手側に負担をかけてしまいますが、どうしても贈りたい場合は、2千円程度の手土産などが良いでしょう。
退院祝いの表書きには、「祝ご全快」、「祝ご快復」、「祝ご退院」で、熨斗は紅白結び切りを使用します。

退院祝いには花をイメージする人も多いでしょうが、退院しても全快ではない事もあるので、花を贈る際には根が付いているものはタブーです。
普通は熨斗を付けるものですが、花には熨斗は似合わないのでリボンで飾り、手紙を添えて贈ると喜ばれますし、最近では枯れないプリザーブドフラワーも水をやる必要がないのでお勧めです。

しかし、花を贈る時には、花言葉も調べておいた方が良いでしょう。
また、花粉などにアレルギーがある方もいますので、その点も確認しておく必要があります。

花以外の品物では、病気を洗い流すという意味を込めて石鹸やシャンプー、塩や砂糖の様に消耗品が選ばれる事が多いです。

一番良いのは本人に喜んでもらえる物ですので、全快していて何でも食べることが出来る方なら、食べたい物を贈ってあげるのも喜ばれます。
退院祝いは、マナーを留意しながら相手の全快を祈り、喜ばれる物を贈る事が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:退院祝い

このページの先頭へ