退院祝いのマナーと贈ると良い花について

退院祝いに花束を贈る事はよくありますが、一体どんなものが喜ばれるでしょうか。
贈る時に注意したい点は、相手に花粉アレルギーがないかという事と、鉢植えや不吉なイメージを与えるような物は贈ってはいけないという事です。

最近では、水をやる必要のない枯れないプリザーブドフラワーを贈る事も多くなっており、アレンジメントも人気がありますが、可愛い小物やぬいぐるみなどと組み合わせても喜ばれます。

この退院のお祝いには、気持ちが明るくなるような色の花を選ぶと良く、オレンジや黄色、ピンクなど、明るい色や穏やかな色、元気な色が良いですが、ダーク系や寒色系は避けた方が無難です。

また、お祝いの金額の目安は3千円から1万円で、もちろん退院を喜ぶ気持ちがあればいくらでも構いません。
退院時は何かと荷物が多いので、病院へ持っていくと迷惑になってしまう場合があります。
出来れば自宅へ発送する方が良いため、先方に聞いてみると良いでしょう。

また、花と一緒にメッセージを贈る際に、花言葉で良いものがあります。
それは、あふれる喜び、いつも快活、お祝いや運命を開くというものです。
また、色にも意味がありますので、退院した後に元気でいられますようにと願いを込めると良いでしょう。

そして、相手の回復を祝う言葉を、ストレートにメッセージに書いて贈っても喜ばれます。
退院祝いの花はマナーに留意しながら、全快になるよう祈りつつ、心のこもった物を贈るようにする事が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:退院祝い

このページの先頭へ