退院祝いにはメッセージをつけて

退院祝いとは、入院していた方に対して退院をお祝いするという趣旨のもと贈るものです。
時折、快気祝いと混同してしまうことがありますので注意が必要です。
基本的に、すでに御見舞いを渡している場合は必要ありません。

退院祝いとして一般的に贈られるのは、3000円程度の品物の場合が多く、入院理由を考慮して、大丈夫なようなら菓子や果物類といったものを贈るのが一般的です。
品物をお渡しする時もそうですが、もし品物をお渡ししない場合でも退院祝いのメッセージだけでも贈ると相手に喜ばれます。

「入院していたので心配していた」という気持ちを伝えることによって、相手の方もその気持ちを喜んでくださることでしょう。
記入するメッセージの例としては「退院おめでとうございます。入院なさっていると耳にしておりましたが、御見舞いに伺う機会を逃してしまいましたことをお詫び申し上げます。

また元気なご様子を拝見できることを嬉しく思っています。くれぐれもご無理はなさいませんよう、ご自愛ください。」といった内容が一般的なものです。
他にも、献身的に看護なさったであろうご家族に対しての労いの言葉を伝えても良いでしょう。

病気とはとてもデリケートなもので、退院したといっても一時的なものかもしれませんし、これからも入退院を繰り返していったり、一生その病気と闘わなくてはいけない可能性もあります。

あらかじめどういった病気なのか、どういった経過なのかが分かっていれば、その点を考慮してメッセージを書くようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:退院祝い

このページの先頭へ