出産祝いを贈るにも時期や金額といったいくつかのマナーがあります

自分の兄弟や親しい友人に子供が産まれたら、お祝いを渡したいと思う人は多いのではないでしょうか。
こうしたお祝いの品、いわゆる出産祝いにもマナーがあります。

どんな物でも心が込もっていれば嬉しいものではありますが、出産したばかりの女性は幸福感と疲労、不安といった様々な感情がありナーバスになっている時期なので、マナーをしっかり守って贈り物をしましょう。

まず出産祝いを贈る時期は、大体7日後からお宮参りの30日の間には済ませておきます。
渡す場所については、入院中ですと出産後の疲労で疲れているため押し掛けない方が良いでしょう。お札を包む方は新札を使い、その際ののし紙には蝶結びや紅白のものを用いるようにして、表書きには御出産祝、御祝などと記入して下さい。

金額は親戚は5,000円から10,000円、友人になると3,000円から5,000円位、また、身内の兄弟では30,000円程が一般的です。
そして、贈り物は可能ならば何が良いか前もって聞いておくと、他の人と被らずに済みます。

渡す時は直接渡したい所ですが、出産したばかりですから受け取る側の体調も聞きながら伺うと良いでしょう。
里帰り出産や直接相手に渡せない場合には、宅配でも失礼には当たりません。

ここで注意しておきたいのが、お札を包む際に忌み嫌われる4や9の入った額にしないことと、さらに渡す時期は無事出産してからにすることです。
これは出産で不幸な結果になってしまう可能性もあるからで、大げさなマナーはありませんが、デリケートな時期に贈る物なので気を付けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:出産祝い

このページの先頭へ