出産祝いのお返し「内祝い」についてと贈る時期

いつの時代も、赤ちゃんの誕生は家族にとってかけがえのない喜びの一つです。
本来は、家に親類縁者や友人、近所の人などを招き、子供の誕生の喜びを分かち合いお祝いをする行事の一環で配るものが内祝いでしたが、近年は、出産祝いを貰った人へのお返しとして贈るものが一般的になっています。

贈るものはタオルやお菓子などで、それぞれ貰った金額の3分の1から半分相当のものを選んで贈ることが礼儀です。
たとえ内祝いは要らないと言われても、お祝いを貰った友人や知人、会社関係者にはきちんと贈り、両親や親戚関係は家族である為に贈らないということも多くなっています。

あくまでも感謝の気持ちなので、家族であっても贈ることは間違いではありませんし、お祝いを貰わなかった人でも、普段からお世話になっている人や結婚や妊娠などでお世話になった人には内祝いを贈っても問題ありません。

その際は、先方が気後れしない程度の品物を用意して、子供の誕生の報告などの手紙を添えるなど、気を使わせないような配慮が必要です。のしの水引は蝶結びで表書きは内祝いとし、水引の下には赤ちゃんの名前を入れますが、最近のキラキラネームなど読み方に迷う事も多いので、フリガナを付けることをお勧めします。

贈る時期は、最近では産後1ヶ月から2ヶ月くらいが目安で、御宮参りを済ませてから贈るのが一般的ですが、産後は何かと忙しいものなので早めに準備しておきましょう。
マナーも大事ですが何よりも感謝の気持ちが大前提なので、たとえ遅れてしまったとしても気持ちを込めて贈ることが大事です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:出産祝い

このページの先頭へ