出産祝いののしの選び方と書き方について

出産祝いは、赤ちゃんが無事に誕生したことを祝って金品を贈ることを言います。お祝いを贈る際は気持ちが大前提なので金額に決まりはありませんが、相場としては、兄弟や身内、親しい友人の場合は1万円、友人や親戚、同僚には5千円、職場の同僚や友達同士、同じグループなどでまとめて渡す場合は1人2千円から3千円くらいが多いようです。

この時に使用するのし袋は、水引が紅白の蝶結びになっているものを使用しましょう。
のしの水引には結びきりと蝶結びの2種類があり、結びきりは一度結んだらほどけないことから結婚やお悔やみごとなど二度と繰り返さないようにという意味で使用し、蝶結びはほどいて何度も結び直せることから何度も繰り返してよい一般的なお祝い事に使用します。

出産は何回でも繰り返してほしいお祝い事なので、蝶結びの水引が適しています。
のし袋の書き方としては、表書きに御祝または御出産祝、祝御安産などと書くようにします。

また、お祝いとして赤ちゃんに必要な物などをプレゼントする場合にものしを付けるので、その際の表書きや水引はのし袋と同じように書きましょう。
友達とグループでお金を集めて少し高価なものをプレゼントする際には、名前の所には連名またはグループ一同と、もらった人がわかるように必ず名前を記載します。

また、贈る際には一言お祝いのメッセージを添えて贈ることをおすすめします。
お祝いを贈る時は産後1ヵ月以内が目安とされていますので、自分が出産した際にお祝いを頂いた方が出産される場合には、忘れずにこちらからもお祝いを贈りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:出産祝い

このページの先頭へ