姉妹の出産祝いの相場

社会に出ると祝い事の場面で様々なマナーがありますが、初めてお祝いを贈る時は、分からないことが沢山あることと思います。
今回は出産祝いのマナーについてまとめてみました。
まず、出産祝いに贈る金額の相場は立場によって異なります。

身内の場合、両親は3万円から10万円、兄弟姉妹ならば1万円から3万円、親戚でも1万円からが相場となっています。身内とはいえあまりにも高額過ぎたり、極端に安過ぎたりすると、その後の付き合い方に支障をきたす場合もあるので、相場から外れないのが望ましいでしょう。

お祝いを受けた側がお返しをする「内祝い」の際に、相手に負担をかけることにもなります。また、現金を包む際に注意することは、「必ず新札を包むこと」と「お祝い事なので4や9の付く数字の金額は贈らないこと」の2つです。

赤ちゃんの誕生の際は、新たに購入しなければならないものも多く、気心の知れた兄弟姉妹ならば、必要なものを聞いて贈るのも良いでしょう。
予算の相場は比較的高めで、上質で長く利用されるものを選んで贈る方が多いようです。

人気のギフトはお食い初めから離乳食、幼児食が終わった以降もずっとそのまま使い続けてもらえるようなセットになった食器や、木で造られたデジタルフレーム、お子さんの名前と生年月日を入れて世界でひとつの宝物になるフォトフレームなど、自然素材の木で作られた温もり溢れるギフトとして人気を集めています。

他には、一般の予算を少し超えてしまいますが、成長とともにカタチを変えて大人になるまで、ずっと使い続けてもらうことが出来る椅子で、身内ならではのギフトとして人気です。マナーに気を付けながら、喜んでもらえるプレゼントを贈りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:出産祝い

このページの先頭へ