出産祝いの祝儀袋は蝶結びのものにしましょう

出産祝いにプレゼントやお祝い金を贈る習慣がありますが、お金を包む袋はどのような物を使用すればよいのかわからない人もいます。
祝儀袋の書き方や意味を知ることで、どのような物を選べばよいかがわかってきます。
まずご祝儀袋というのは、結婚や出産などお祝い金を包む袋のことを言います。

この袋は、お祝い用ののし袋、お祝いのし袋とも呼ばれていて、大きく分けると2つの種類に分類されます。よく目にする代表的なのし袋は、赤と白のひもが結ばれているか印刷されたものになりますが、この印刷されているひもの事を水引と言い、この水引が蝶結びになっているものと、結び切りまたはあわじ結びになっているものがあります。

蝶結びは、輪っかが二つと結び目より下向きにひもが切れているもので、蝶結びは簡単に結んだりほどいたりできる為、主に結婚以外のお祝い事に使用します。
出産祝いや長寿のお祝い、入学祝など、人生の中で繰り返し何度あっても良いお祝い事の時に使います。

また、結びきりとあわじ結びは、結び目より上にひもが切れているもので、水引の結び目が固く結んであり解くのが難しい為に、結婚祝いのように人生に一度きりにしたいお祝いごとに使用します。

のし袋の表書きには毛筆で書くのが礼儀ですが、ない場合は筆ペンで濃い墨で書くようにします。上段には御祝、祝御出産、御出産祝、御安産御祝と書き、下段には贈り主の姓または氏名をフルネームで書きましょう。水引の意味を知ることで、悩むことなくどのお祝い用の祝儀袋でも選ぶことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:出産祝い

このページの先頭へ