出産祝いの手紙の文例と文の構成について

赤ちゃんの誕生を祝う気持ちは一刻でも早く伝えたいものです。
しかし、最近ではインフルエンザや様々な感染症の予防の為、外来者の面会を制限している病院も多く見られます。

また、出産を終えたばかりの母親の体調はもちろん、赤ちゃんの健康状態にも気遣う必要があるので、すぐにでも出産祝いを贈りたいという場合は配送の利用が適しています。

しかし、お祝いの品だけ送って済ませては、荷物の送付状から誰からのお祝いなのかを判断しなければなりませんので、一言メッセージを添えると、貰った相手はとても気持ちが温まり印象深くなりますし、商品と一緒にメッセージや誰からの贈り物かなどの情報があるとお返しの際にも助かります。

とは言え、普段から手紙を書く習慣がないと、筆が思うように進まないと言うのが実情ではないでしょうか。
インターネットで検索すれば、数多くのメッセージや文例が掲載されているので非常に参考になります。

出産祝いのメッセージのポイントは、女性にとって出産は一世一代の大仕事ですから、産後の健康を気遣いながら、赤ちゃんの誕生を素直に祝う気持ちを込めた文章にしましょう。

親しい間柄であれば時候の挨拶などの前文は省略して、お祝いの言葉から始めると祝福の気持ちがストレートに伝わります。
また、産婦へのお祝いの言葉だけでなく、配偶者や家族への喜びを思いやる言葉も書き添えましょう。

文の構成は、時候の挨拶、お祝いの言葉、産後の体調を気遣い家族の喜びを思う文面、お祝いの品を贈った旨とお見舞いの伺いで、赤ちゃんが健康に育つことを祈る言葉で文末を締めくくります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:出産祝い

このページの先頭へ