出産祝いを贈る時期について

赤ちゃんの誕生はとてもおめでたいことです。
赤ちゃんが生まれたと知れば、身内や友人なら誰もがお祝いを考えます。
では、出産祝いはどのようなタイミングで贈ればよいのでしょうか。

一般的に出産祝いの時期は、お七夜を行う生後7日目ぐらいからお宮参りをする30日過ぎまでの間と言われています。
生後7日目ぐらいからというのは母子の体調への配慮からですが、兄弟など近しい身内ならばお七夜に間に合うようにお祝いの品を贈るのも可能です。

しかし、友人や知人が直接会って贈り物を渡すときには、退院した2~3週間後を目安にするとよいでしょう。これは、お母さんの体調が整うのを待つという意味ですが、それでも育児で疲れていることも考えられますから、訪問する際には負担でないかどうかを念のため確認することが大切です。

そして、訪問したらくれぐれも長居はしないようにしましょう。
また、遠くに住んでいて直接お祝いに伺うのは難しい場合もあり、そのようなときは宅配サービスなどを利用して、30日を過ぎないように贈るのが望ましいです。

なぜなら、お宮参りを済ませるとできるだけ早く出産祝いのお返しの内祝いを準備するものなので、あとから内祝いを買い足すなどの二度手間にならないよう早めに贈りましょう。

また、後から知ったなどの理由で遅くなってしまったときには、お祝いごとなので時期を過ぎてしまっても構いませんが、遅れたお詫びの言葉を添えるようにします。
尚、出産された方の身内に不幸があった場合は不幸を優先しますので、四十九日を過ぎて忌み明けの連絡を待ってからお祝いの品を贈るようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:出産祝い

このページの先頭へ