銀のスプーンを出産祝いにして、ちょっと洒落た縁起担ぎ

どんなに過程が大変でも、いや過程が大変だからこそ、無事に終わった出産はめでたいものです。
知り合いの出産が判ったとき、嬉しい反面「出産祝い何にしよう」と悩むのではないでしょうか。
子育てというのは物いりですから、いくつあっても困らない、むしろたくさんあった方が助かるものをプレゼントすれば間違いありません。

しかし、「自分は子供がいないから何がいるか想像もつかないし、できれば他の人とはかぶらないような一風変わったものをプレゼントしたい」と思うなら、銀のスプーンをプレゼントするのはいかがでしょう。
日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカやヨーロッパでは赤ちゃんが生まれたら銀のスプーンを出産祝いにプレゼントする習慣があります。

銀食器を使えるのは上流階級の人間だけだったという時代の名残で、将来お金に困らない暮らしが出来ますようにという願いのこもった贈り物です。
元々日本には無かった習慣ではありますが、近年はちょっとお洒落な縁起物として、こうした贈り物をすることもあるようです。

ただ、注意しておきたいのは、プレゼントする相手がその話を知っているかどうか、縁起物を喜んでくれる相手かどうかということ。元の話を知らずに銀のスプーンを貰っても、おそらくその意図するところが全く判らないでしょうし、普段縁起を担いだりしない人にはあまり喜んで貰えない可能性があります。
プレゼントで重要なのは、相手が喜ぶものを贈ることですから、慎重に選んでくださいね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:出産祝い

このページの先頭へ