出産祝いとして現金を贈るのは堅苦しいと思う場合は、商品券を贈るという手もあります。

身内や友人、知人が出産した時に、赤ちゃんの誕生を祝う出産祝いで、ご祝儀を包んだり、プレゼントを渡したりします。
最近では赤ちゃんの名前を入れたプレゼントも流行ってきているようです。
赤ちゃんが誕生してから出産祝いはせめて1ヶ月以内には贈るのが一般的です。

何を贈るか考え、何が欲しいか赤ちゃんの両親に尋ねてみるのも良いですし、赤ちゃんが着るもの、遊ぶものなど考えながら商品を見てプレゼントを選ぶのも楽しいものです。
赤ちゃんはすくすくと成長していきますので、先を見越して、生後3ヶ月頃から幼児くらいまでのプレゼントを選ぶと良いです。

現金では堅苦しい、と思う場合は商品券にのしを付けて渡すことも出来ます。
百貨店やスーパー等で購入でき、のしも出産祝いで贈り主の名前を入れますし、箱包装や封筒の包装でもしてもらえますので希望の包装を伝えます。お祝いを受け取った側はお礼の気持ちとして内祝いで半返しをします。

出産でなにかとお金が掛かり、これからもいろいろとお金が必要になりますので、現金や商品券を頂いた時ははとても助かります。もし、現金や商品券のみでは物足りないと思ったら、金額を少し減らして、その分でプレゼントを購入して一緒に贈ると良いです。赤ちゃんの誕生とともに周囲から祝福してもらい、プレゼントを頂くというのはとても嬉しいものですし、これからも常識のあるお付き合いのマナーをいろいろと知っておくと人生において役立つでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:出産祝い

このページの先頭へ