新築祝いガイドを参考にしてみよう

新築祝いで、予算や贈るタイミング、贈る品物のマナーを知らない人は、新築祝いのガイド本やインターネットで調べてみましょう。
ガイドに沿って贈れば、間違いは滅多に起こりません。

お祝いの品は、お宅に招かれた場合には当日持参して贈りますが、喜ばれる物としては、長持ちして玄関やリビングに飾れる胡蝶蘭の人気が高いです。
また、目上の人のお祝いの場合は、現金や商品券、カタログギフトや火を連想させるものは控えて、お披露目の日より1ヶ月以内に贈るようにします。

これらの事はガイドに掲載されており、立て札の書き方も説明されています。
新築祝いガイドには、贈る側が疑問に思う事を体験談に載せてあるものもあります。

インターネットのガイドには、そのままギフト購入サイトへ誘導したり、Q&A式で答えるサイトもあり、簡単なガイドから、より細かく説明しているガイドまでいろいろありますので、うまく活用してみましょう。

また最近では、個人情報の管理が厳しくなり、お互いの住所を知ることも減ったために新築祝いが贈られる機会も少なくなった様です。
しかし、一生に一度と成り得る新築祝いだからこそ、新築に招待したい人も多く、招待された時の為にもマナーはあらかじめ調べておいて、きちんとお祝いをするようにしましょう。

まずは、新築祝いガイドの様な情報を知ることから始め、それから贈り物を選ぶ事で、喜ばれるプレゼントが見つかります。
また、お祝いの気持ちをうまく伝えるという事は、人間関係の中でも非常に大切です。
より良い人間関係を築く意味でも、新築祝いガイドを上手に利用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:新築祝い

このページの先頭へ