新築祝いには胡蝶蘭を贈りましょう

お友達や会社の先輩や同僚など、念願の家を買ったり建てたりする人がいて、その新居に呼ばれた際には、新築祝いを持っていくのがマナーです。
特に何をあげるべきであるとか、幾らくらいのものをといった明確な決まりはありませんが、やはり手ぶらではいけません。

しかし、何を贈ればいいのか迷ってしまう人も多いと思います。
親しい間柄であれば、新居で必要なものを聞いてプレゼントするというのも、無駄がなく喜ばれるので良いでしょう。

祝いに何が良いかと聞くことができない場合には、胡蝶蘭をプレゼントするというのもお勧めです。

胡蝶蘭は、お祝いごとの時によく贈られる花で、鉢の花ですが、長持ちすること、お手入れが楽なこと、そして何よりも華やかで豪華な雰囲気を持っています。
また、花の匂いがきつくないので、玄関先でもリビングでも場所を選ばずに飾ってもらえます。

蘭の種類も、今はいろいろ出ていますから、普段あまり見かけないような色のものを選んでも珍しくて喜ばれるでしょう。
それに、蘭というのは、温度管理をきちんとすれば、花が落ちてまた次も咲いてくるので長く楽しめます。

翌年も咲くようであれば、また花を見て新築祝いのことを思い出すことができるのです。
値段もそんなに高価な鉢ばかりではないので、予算にあったものがきっと見つかります。
今度、誰かの新築祝いに行く時には、ぜひ見栄えのする胡蝶蘭をプレゼントすると、もらったほうも喜んでもらえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:新築祝い

このページの先頭へ