新築祝いを贈る場合ののしの書き方

親しい知人や親戚、友人が新しく家を建てた場合、新築祝いとして心を込めたお祝いをしてあげたいものです。
家は、人生の中でも一番大きな、高額なお買いものといえます。
その決断と、そして今後の繁栄を願って、心を込めてお祝いを贈りましょう。

新築祝いの場合ののしは、御祝、御新築祝、祝御新築、御新築御祝、などと書きます。
紅白の結びでちょう結びの水引のついたもの使いましょう。
マンションを新築で購入した場合については、新築ではなくて新規購入になりますので、のしも御祝などにした方がしっくりきます。

また、ビルなどを建てた場合には、新築祝ではなく落成祝という言葉を使用します。
この場合の表書きは、祝御落成、祝落成、御落成御祝、などを使います。
この場合も、新築祝いの場合と同様に、紅白のちょう結びのついたのしを使って贈りましょう。

金額の目安ですが、友人同士の場合は5000円から1万円、同僚も友人と同様に考えて良いでしょう。

兄弟姉妹の場合は1万円から3万円、両親の場合は1万円から10万円くらいまで、もちろん状況によって異なってきますが、これを目安に一般的な常識に外れない金額を気持ちを込めて包みたいものです。

また、新築祝をいただいた場合のお返しは、新居にお招きすることが一番なのですが、それが出来ない場合には気持ちを品物にかえて贈るのが通例です。
いただいた金額の半分から3分の1を目安に、食品や日用品などをお返ししましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:新築祝い

このページの先頭へ