会社関係で職場内の目上の方に贈る、新築祝いの相場

会社関係で、職場内の目上の方や、職場は違っても自分より上の立場にあたる方、つまり上司と部下との関係やそれに近い関係にある方が、新しい家を建てたと知った場合、新築祝いを用意するのが常識です。
良好な関係を築きたいと考える場合、この機会がチャンスだと捉えて、高額な出費を考えてしまうこともありがちな話ですが、本当にお世話になっている間柄の上司や、特別親しい間柄の方でなければ、相場に沿った金額でお祝いの金品を用意するのが適しています。

常識的な観点から相場を出すと、目上の人であっても、職場の同僚であっても、基本的に金銭面の幅は変わりありません。
通常、1人につき5000円から1万円程度を祝い金として用意します。

職場の場合、同じように新築祝いを用意する立場にある方がたくさんいるでしょうから、1人5千円から1万円の間で決まった金額を出し合い、まとめたお金で祝いの品を購入するというのが、1番ふさわしい新築祝いの準備の仕方になります。

小さな職場であれば、個別ではなく、全員でまとめてお渡ししたほうがよいですし、大きな職場であるなら、職場全体ではなく、プロジェクトを一緒に担当したチーム内で用意するということも珍しくありません。
間柄が親しい場合は、職場上のお付き合いとして、職場からの祝いにもお金を出し、個別に何か贈り物をするというのも、相手の余計な気遣いをカバーできるようであれば、気持ちですから行ってもかまいません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:新築祝い

このページの先頭へ