新築祝いに添えるときに参考にしたい文例

家や会社の新築というのは、多くの人にとって一生に1度か2度しか経験することのない一大事です。
形式的な美辞麗句で飾り立てたお祝いの文面よりも、その人の新築に至るまでの努力をたたえ、その達成感を共に喜びあい、自分自身の言葉で新居を心からほめる文面を工夫すると良いでしょう。

そして新居に招待を受けた場合には、そのお礼を兼ねて祝い状を書きます。
けれども、いくら自分の言葉でといっても、新築祝いにはふさわしくない言葉や表現は避けるべきで、ある程度は文例集などを参考にすることも大切です。

会社新築の祝い状には新社屋の完成を祝い、今後の発展を祈る文面にするようにします。
そして自宅を新築した、目上の人への、やや改まった新築祝いの文面には、まずは家そのものやその立地条件、周辺環境などの優れたところをさりげなくほめる文面になるように心がけるようにして下さい。

そして機会があればぜひお宅を拝見したい旨を添えます。
また、比較的親しい同僚や友人などの新築祝いに添える文面には、念願のマイホームを手に入れたことへのねぎらいを込めて、自分が素直に羨望のまなざしを向けているという言葉を加えたり、かねてから聞かされていた、こだわりのマイホームを手に入れたことの偉業をほめる言葉などを飾らない文面で添えるのが喜ばれます。

けれど、いくら親しい仲だとしても冗談半分の嫉妬深い表現や、忌み言葉などの使用は控えるべきです。
あくまでも新居の完成を心から祝うという文例を参考にするようにして下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:新築祝い

このページの先頭へ