親しき仲にも礼儀あり、新築祝いのマナー

親しき仲にも礼儀あり、さまざまな場面でその場面に合ったマナーを身に付けておくことは社会人として大切なことです。
身近な人が新築した場合も同様で、新築祝いを贈る場合にもきちんとした新築祝いのマナーがあります。

贈り時期としては新築披露としてお家にお邪魔する機会がある場合には、その時に持参するほうが良いとされています。
新築披露がない場合には、新築当初は何かと忙しいですが新築から半月から転居してから1か月から2か月を目安に贈るようにしてください。

新築したことをあとから聞いた場合には、お付き合いの程度を考えて贈るように心がけましょう。
差し上げるものの金額の相場としては、両親の場合には同居や別居、新築の際の出資の有無などにより1万円から10万円ぐらいの金額を目安に、兄弟姉妹の場合には1万円から3万円程度、親戚は5千円から3万円、職場関係の方には5千円から1万円、友人は5千円から1万円となっています。

紅白の蝶結びの水引ののしを使い、表書きには新築御祝や御新築祝などにします。
マンションの購入などは新築には当てはまらないので、御祝とするのがいいでしょう。
現金で贈るのもいいですが、相手のことを考えた上で、新居で使うことができる品物を贈ることも喜ばれます。

しかし品物でお祝いを贈る場合には、壁に穴をあけないと飾れないものやインテリアに合わないもの、大きすぎて場所を取るものなどは選ばないようにしてください。
また、タブーとされている贈り物には、火や煙、傾くということが連想されるようなライター、灰皿、真っ赤な品物などを選ばないようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:新築祝い

このページの先頭へ