新築祝いのお返しは、家のお披露目をすることがそれに当たります。

新築で家を建てた場合、様々な人から新築祝いとして、お祝いをいただくことが多いです。
お祝いでいただくものはそれぞれです。
現金の方もいれば、新居に飾れるような観葉植物、置き物を下さる人もいます。
そんなギフトを下さった方にお返しとして、新築のお披露目に招待します。

新築祝いのお返しは、基本的には、この家のお披露目会がお返しにあたるので、特別に他にお返しをする必要はありません。
その時に、いただいた置物や観葉植物があるのであれば、きちんと飾っておき、改めて一言お礼を言いましょう。

大体、この新築のお披露目会は、新居への入居が終わり、さらに、荷物をきちんと整理し片付いた状態で披露するのが一般的です。
でも、なるべく、完成してから期間が開き過ぎない方が良いので、大体、1カ月から2カ月以内には行うようにするのがベストです。

お招きした際には、お茶やお菓子をふるまう、もしくは、食事を楽しむなどして、ゲストをもてなしましょう。
新築祝いは本来これで十分なのですが、中には、お祝いをいただいたのにも関わらず、お披露目ができなかった場合には、お返しを送る必要があります。
一般的には、いただいた物や金額の大体半分くらいのものをお返しします。

基本的には、お菓子や、消耗品、実用品がお返しとしては多いです。
どういう形であれ、やはりお祝いをいただいたからには、何らかの形で、お返しをするのが常識です。
きちんと感謝の気持ちを込めてお返しをしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:新築祝い

このページの先頭へ