卒業時にお世話になった先生にプレゼントを贈るなら

人生の節目に当たる行事の一つには、小学校や中学校などの卒業も挙げられます。そのような時には家族や周囲の方からお祝いの言葉や品物を頂くということは多いものですが、それとは逆に、卒業する学生からお世話になった先生に贈り物をするというケースもよく見られます。

では、先生にプレゼントを贈る場合には、どのようなものが喜ばれるでしょうか。
もちろん贈り物は先生への感謝の気持ちを表すものなので、品物が何であれ先生にとっては生徒からの気持ちそのものを嬉しく思うでしょうし、何を贈るのかはそう大きな問題ではないかも知れません。

とはいえ、自己表現も積極的な高校生や大学生などの立場からすると、卒業時に先生へプレゼントするなら気の利いたものを贈って喜んでもらいたいと考えるのではないでしょうか。

そういった意味では、例えば高校生ならクラス写真を入れたフォトフレームや職員室での休息タイムに使えるマグカップなどのほか、イラストやメッセージ入りのアルバムならお金では買えない世界で一つの記念の品となります。

また大学生なら、研究室の入り口にかけるネームプレートをおしゃれなデザインで手作りしたり、マッサージクッションや空気清浄機など先生の健康を気遣ったり、あるいはほっと一息ついてもらうためにコーヒーメーカーを贈るというのも良いでしょう。

ただし、中には「踏みつける」という意味になる靴下などの履物類や、「より勤勉に」という意味の筆記用具など、目上の方に贈ると失礼となる品物もありますので、プレゼント選びはそれらに留意することも大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プレゼントについて

このページの先頭へ