結婚記念日をプレゼントでお祝いして夫婦の絆をさらに深めましょう

結婚記念日と言えば、新婚ほやほやの1年目は「紙婚式」、5年目は「木婚式」、10年目は「錫・アルミニウム婚式」、15年目は「水晶婚式」、25年目は「銀婚式」、そして50年目は「金婚式」と、夫婦の歴史に添った呼び方があることは広く知られています。

軽くてやわらかいものから始まり、年を追うごとに固いもの・重いものへと名前が変わっていくこの呼称は、夫婦のつながりの固さを表しており、その年の呼び方に併せたプレゼントにメッセージを添えて贈ると気持ちが伝わっていいのではないでしょうか。

結婚記念日の有名なプレゼントは、結婚10周年に贈る「スイートテンダイヤモンド」です。
実際の結婚10周年は「アルミニウム婚式」で、「ダイヤモンド婚式」は結婚60周年の呼び方ですが、最近ではダイヤモンドをプレゼントすることが定番の一つになりつつあります。

そういった節目に、夫婦でプレゼントを贈りあうことは勿論、結婚数十年目の両親へ子供たちから結婚記念日のプレゼントを贈ることも大変喜ばれます。
また、結婚記念日の贈り物は必ずしも「物」ではなくてもよく、普段よりもワンランク上のお店に食事に出かけたり、旅行したりという祝い方もあります。

夫婦二人の絆をさらに深め、普段なかなか伝えられない感謝の気持ちや、これからも末長く一緒にいられるようにとの願いを込めて二人だけのアイテムを贈り合い、1年に1回の「夫婦の誕生日」である結婚記念日をお祝いしませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プレゼントについて

このページの先頭へ