子供へのプレゼントは事前に欲しい物を聞いたり候補を挙げてもらうなど工夫があると喜ばれます

子供へのプレゼントは、年齢別に使える物や好きな物が異なる為、選ぶ際に悩むものです。歩き始めて行動範囲が広がり好奇心旺盛になる1歳から3歳までは、積み木や木で作られた玩具の楽器、野菜や包丁などのおままごとセットの他に、形を自由に変える事ができる物やお喋りするノートといった知育玩具の人気があります。

4歳から6歳になると、自分の意見や意思表示がハッキリする様になり好みが分かれてきます。アニメやキャラクターシリーズ、恐竜、電車、車、また、幼稚園で動き回り成長する時期なので、スニーカーやリュック、バッグ等、日常使えるものが喜ばれます。

そして、小学校低学年では、キャラクターの文房具や図鑑、本、ゲームに目覚める子供もいますし、高学年になると思春期の入り口になり、女の子は洋服やヘアアクセ、アクセサリー、子供用の化粧品といった大人と同じ様に使える物を欲しがる傾向があります。

一方の男の子には、洋服よりも野球やサッカー等のスポーツ用品やゲームが人気です。
さらに中学生になると、洋服やアクセサリーに加えてオンラインで遊べるゲーム機や音楽プレーヤー、スマートフォン等、外部との繋がりが持てるプレゼントが喜ばれます。

この様に、年齢毎に趣味や嗜好が変化していき、時には難しい時期を迎えるかもしれませんが、それが成長の表れとも言えます。
子供達にプレゼントする場合は、欲しい物を直接聞いたり、いくつか候補を挙げてもらうというのも良い方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プレゼントについて

このページの先頭へ