誕生日やクリスマスなど、日常の様々なシーンに欠かせないものにプレゼントがあります

誕生日にクリスマス、結婚記念日などのアニバーサリーに欠かせないものとしてプレゼントがあります。大切な家族へ、お世話になった上司へ、日常の様々なシーンで贈り物は貰った人の心を温かくします。
そもそも、贈り物はどのようにして人々の生活の中に浸透していったのでしょうか。

諸説ありますが、単純な物々交換ではなく宗教的な観念が基になっているようで、祭りの際、神に供えたお供え物を関係者全員で食す共食の思想により、それが祭りに参加する人々にも広がり、贈答という習慣になったとされています。

現在でも地方には地域のお祭りに必ずお神酒が奉納されたり、独特の料理が出されて皆で頂くといった慣習がまだまだ色濃く残っており、くさんの方々がその時々に贈り物を楽しんでいます。
特別な日には気持ちの伝わるプレゼントを贈りたいものです。

贈られた方の笑顔を思い浮かべながら何を贈るか考えている時、ドキドキしたりワクワクしたり色々な感情が溢れてくるのではないでしょうか。
そんな気持ちを素直に表現することが大切です。

また、物に拘らず、食事に誘ったり好きな映画を一緒に見に行ったりと、日常のさり気ない思いやりも心のこもった贈り物になります。
さらに、大切な人の顔を思い浮かべながら作るハンドメイドは、心に残る贈り物として喜ばれるでしょう。

大好きな恋人に、いつも一生懸命働いてくれるご主人に、傍にいて励ましてくれる友達に「ありがとう」の言葉を添えて素敵なプレゼントを贈ってみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プレゼントについて

このページの先頭へ