敬老の日に外食のプレゼント

毎年9月の第3月曜日は敬老の日です。
国民の祝日と定められている日で、「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し長寿を祝う日」として、1965年に法律で定められました。若い世代に対し、高齢者の福祉について関心を深め、その生活向上に努めるよう促す意味も込められています。

子供の頃両親に叱られて泣いている自分を優しく抱いてくれた祖母や、働いている両親に代わって遊んでくれた祖父に対し、感謝の気持ちや元気でいるか心配する気持ちはあっても、普段はなかなか会いに行けないものです。せめて、敬老の日に何かプレゼントをと思っても、どんな物を贈ったら喜んでもらえるのか迷ってしまいます。

おそらく、立派な社会人になったその姿を見せるだけでも、元気な声を聞かせただけでも相好を崩して喜んでくれるはずで、祖父母が欲しいのは優しい思いやりの気持ちなので、高額な物でなくてもささやかな心が伝わるプレゼントを贈りましょう。

アンケートによると、貰って嬉しかったプレゼントの1位に男性がお酒、女性が花、2位はどちらも「一緒に外食」がランクインしています。理由として、物よりも思い出を求める声と、趣味に合わない物を贈られるより一緒に美味しい物を食べて語り合いたいと言う気持ちがあるようで、高価な物は恐縮すると言う言葉もあります。

外食する店を選ぶ時は年齢や好みにもよりますが、和食が無難でしょう。
できれば1品の量を少なめにしてもらうことも大切で、個室があればゆっくり会話が弾みます。そして、お店に入ったらトイレの場所を確認しておくことも重要です。
いろいろ気遣いができ成長した姿に祖父母は感激してくれることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プレゼントについて

このページの先頭へ