参加することに意義のあるプレゼントへの応募

夏になると、花火大会ご招待やリゾート地への旅行の懸賞、Tシャツなどのプレゼントキャンペーンなどがよく広告に載っています。
参加方法は、昔と違ってはがきだけでなく、インターネットやさらには、スマートフォンを使うことも増えてきました。

商品に貼ってあるシールのバーコードを読み取る方式や、それからシールに書いてある10ケタほどの番号をインターネットに入力する方法など、募集方法は実に進化し、そのお蔭で応募しやすくなっています。
しかし、参加するには個人情報の入力は必須条件です。

悪用されることはありませんが、はがきを送っていた時代よりもスピード感があり、その反面どこか人工的な印象を受ける人もいるようです。
はがきでの応募は、自分の商品に対する思いや意見を述べられるので、絶対はがき派だと言う人も結構いるのではないでしょうか。

実際に、はがきの内容で当選することもあるそうです。
最近は、懸賞サイトで色々な会社の懸賞やプレゼントを紹介しています。
古い方法では、主婦が買い物帰りに専用の応募はがきを見つけて、対象商品に貼ってあるシールを1枚1枚貼っていくという方式もあります。

いずれにしても、当選した時の喜びは筆舌に尽くしがたいものがあり、これが懸賞での当選の醍醐味かも知れません。

しかし、どんな懸賞も参加しなければ先に進めません。
数多く出せば当たるのは本当で、当たるはずないと思わないことが秘訣です。
何事も諦めずに、まずは参加することに意義があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プレゼントについて

このページの先頭へ