米寿のプレゼントは、食事会などが一般的で、金茶色のものを贈るとよいとされています

医学の発達した現代では、70代、80代まで長生きされる方もとても多くなっています。
長く生きてきた年齢の節目のお祝いが出来ることは、本人にとっても、また家族にとっても本当に喜ばしいことです。

現代では、還暦はまだまだ現役でご活躍されている人がほとんどなので、年寄り扱いされるのが照れくさかったり嫌だったりする人も多くなっているようですので、そのあとの節目である喜寿以降を迎えられたときに、その分盛大にお祝いしてあげると喜ばれるのではないでしょうか。

その中でも数え年八十八歳、「米寿」のお祝いは、日本人の平均寿命を越えているという部分でも立派な長寿の節目といえるでしょう。
長生きの節目のお祝いの中では一番盛大に行うというご家族も多いのではないかと思います。

この米寿の読みの由来は、米という文字を分解してみると八、十、八となるところから来ており、末広がりで縁起がいいという意味もあります。
お祝いの方法としては、やはり食事会などが一般的といえますが、重要なことはやはり本人の体調を気づかった催しにすることです。

八十八歳ともなると嗜好品や味覚も変わってきますので、本人の希望を尊重してあげるとよいでしょう。

お祝いの品としては、還暦では赤、喜寿では紫ですが、米寿では金茶色のものを贈るとよいとされていますが、お年寄りへのプレゼントというと、何を贈ったら喜んでもらえるのかと悩んでしまう人も多いかもしれません。

ならわしに沿ったプレゼントを贈るのももちろん良いのですが、例えば家族のアルバムなどをプレゼントして、長く生きてきた歴史を家族と共に振り返るというのも心に残るのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プレゼントについて

このページの先頭へ