披露宴で両親に贈る、感謝を込めたプレゼント

結婚式の披露宴は様々に趣向が凝らされており、演出の種類も豊富になっていますが、自分たちをここまで育ててくれた両親と、時間を割いてお祝いに来てくれたゲストへの感謝の気持ち、そして、新たに縁のできた人たちによろしくお願いしますと挨拶をする式であることには昔も今も変わりありません。

演出の一環として、ゲスト参加型のイベントなどを組み込んでいる式も多いようですが、ほとんどの式で見かけるのは、やはり両親への感謝の手紙でしょう。
それまでは笑いながら楽しんでいたゲストたちも、新郎新婦が涙ながらにこれまでの感謝を親に伝える姿を見て、共に感動して涙ぐんでしまうものです。

手紙を読む際、花束の他に新郎新婦からプレゼントを手渡すことも多くありますが、品物は特に決まりが無く、カップルによって様々です。
結婚式場で提供しているものとしては、新郎新婦の生まれた時と同じ重さのぬいぐるみや、アルバムなどがあります。

親にとってはわが子が生まれてから今日に至るまでの思い出があふれ出す、またとない贈り物ではないでしょうか。

これ以外にも、久しぶりに夫婦水入らずで楽しんで欲しいという気持ちを込めて、旅行券や食事をプレゼントする例もあります。
また、実用的に食器類を選ぶカップルもいます。

サプライズで用意する場合もあれば、事前に親に希望を聞いておき、喜ばれるものを用意するのもよいでしょう。
結婚式は真の意味で親元を離れる時でもあります。
あなたなら何をプレゼントしますか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プレゼントについて

このページの先頭へ