敬老の日の由来と気持ちの伝わるプレゼント

敬老の日は国民の祝日のひとつです。
祝日についての法律には、「長きに渡り社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」という趣旨のことが記されています。

現在では9月の第3月曜日と定められていますが、2002年までは9月15日と定められていました。
これは祝日法の改正により、ハッピーマンデー制度が施行された関係で変更されたのです。

長らく9月15日と定められていたので、変更の際は反発がありました。
それに配慮して変更後は9月15日を老人の日、同日より1週間を老人週間としました。
この祝日の由来は、1954年頃に9月15日を「としよりの日」とし、高齢者を敬う日として定めたのが始まりです。

しかし、「としよりの日」という名称が問題視されたので、後の1964年に「老人の日」と改称されました。
更にその翌年に、現在の「敬老の日」へと改称されたのでした。
他にも俗説として有名な由来がふたつあります。

ひとつは、9月15日に聖徳太子が、貧しい人々を救う為に悲田院という施設を開いたことからきているという説です。
そして、元正天皇が717年に養老という年号を制定し、高齢者に贈り物をした日であることからきているという説もあります。

敬老の日には、日頃の感謝を込めてプレゼントをする人も多いです。
食事会や花、お菓子、旅行など、どれも相手の好みやコミュニケーションを図るというような意図で、贈り物として選ばれているようです。
お金をかけたものだけでなく、感謝の言葉を述べることも大きなプレゼントとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プレゼントについて

このページの先頭へ