結婚祝いの金額についてご存知ですか

あなたは結婚祝いの金額の目安についてご存じですか。
20代も半ばになると親戚や友人、知人が結婚されることも多くなってくると思います。
そして、結婚披露宴にお誘いがあった時に、一番悩むのがご祝儀ではないでしょうか。

一口にお祝い金といっても、新郎新婦との関係や年齢、披露宴に出席するかどうかといった様々な場合により、金額が異なっていることは知っていますか。
そこで、お祝い金の相場についてお話したいと思います。

まず、お祝い金としては、披露宴に出席する場合で、一般的に3万円が相場となっています。
また夫婦で出席する場合には、5万円からとなっています。

また、子どもの席が設けられ、料理を用意していただいている場合には、大人の金額の半分程度が相場となっているようです。
そして、お祝い金を偶数にすると「割れる」ということから嫌がられてしまうこともあるようです。

ほかにも、「死」や「苦」を連想させる4万円、9万円なども敬遠されています。
しかし、最近では10万円、2万円の場合などは例外となっていて、2はカップルを表しているとされ、気兼ねなく贈られるようになりました。
そして、お祝い金は必ず新札で用意しましょう。

キャッシュカードを持っていない銀行の窓口でも、両替用の用紙に必要事項を明記することで、簡単に新札に両替することができます。
これから披露宴に参加される方はもちろん、何度も経験のある方も、この機会に一度、結婚祝いのマナーについて考えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プレゼントについて

このページの先頭へ