お世話になった恩師へ感謝を込めて贈り物を

どの人も皆、長い学校生活を経て社会人へと成長していく訳ですが、その学生期間には様々な先生と出会います。
どうしても好きになれなかった先生もいたという反面、自分を救ってくれ支えてくれた恩師と呼べる存在に出会えた人も多くいるでしょう。

時として、親以上に大きな存在でいてくれたというケースもあるかも知れません。
もしそんな恩師に贈り物をする機会があるとしたら、どんなものを選ぶと良いのでしょうか。親のように馴れ馴れしくも出来ないですし、ずっと年上の人に贈るのですから失礼があってはいけないと思ってしまいます。

もし、その先生がまだ現役であれば、職場で使える品物が喜ばれるでしょう。
例えば、教壇に立つ方であれば毎日絶対に手にするチョーク関連のグッズ、チョークボックスやチョークホルダー等は非常に役に立ちます。
職員室で使うものとしては、椅子に敷く座布団やマグカップ等が挙げられます。

座布団に刺繍やアップリケをつけたり、名前入りカップを手配したりと、オリジナリティの出る様に工夫が出来ます。
恩師が定年退職という場面での贈り物であれば、先生の卒業記念という意味で記念に残る品物にしましょう。

名前や記念文字が入れられるクリスタル時計はどんな部屋にも調和し、いつでも目に触れる事が出来ますし、手書き文字の記念額を注文して言葉を贈るのも心に響くのではないでしょうか。感謝や労を労うメッセージなど自由に作れますので、気持ちをダイレクトに伝えられます。お世話になった恩師へ、感謝の気持ちを込めて素敵な贈り物をしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ