バラは古今東西で愛される贈り物

花はいつでも人の心を癒し、気持ちを明るくしてくれます。
特に花の女王であるバラは古今東西女性を魅了し続け、かの世界三大美女の一人クレオパトラや、ナポレオンの妻ジョセフィーヌもこの花をこよなく愛しました。

花言葉は美・愛・恋・温かい心・嫉妬・私はあなたにふさわしい等、恋愛に関連した情熱的なものが多いです。
そんなバラをプレゼントしたら、そのロマンチックさに貰った相手はどんなに喜ぶ事でしょうか。

贈り物として男性がこの花を選ぶのは少々照れ臭さも混じるでしょうが、ここぞという場面であったり、強い想いを込める時には最適の花と言えます。
大きな花束にすれば情熱的ですし、一輪ならその上品さに趣を感じられ、どんな形でもスタイリッシュに演出出来てしまいます。

しかし、花束はかさばって困ってしまったり、棘が痛くて扱い難いなどと感じる時には、生花に限らなくても他に色々な形で贈る事が出来ます。コンパクトにプレゼントしたいのであれば、ローズキャンドルはいかがでしょう。バラのモチーフが華やかにキャンドルを飾り、火が灯されれば部屋中がローズの香りで満たされます。

ドラマチックに贈りたい時は、新鮮な本物のバラを24金でコーティングしたゴールドローズがあります。40以上の工程を経て手間隙掛けて作られたゴールドローズは枯れずにずっと輝いてくれますので、思い出も褪せる事なくいつまでも傍に飾り続けられます。
バラは、プロポーズ・誕生日・記念日等で、効果的に場面を盛り上げてくれる贈り物です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ