贈り物に胡蝶蘭が選ばれる理由

胡蝶蘭は、贈り物に選ばれる事が多い花です。
開店祝いや新築・引っ越し祝い、会社設立のお祝いなど様々な場面で目にします。
お祝いに花を贈るなら胡蝶蘭がお勧めというのが王道になっていますが、それにはいくつかの理由があります。

まず、理由の一つとして挙げられるのが花言葉で、白い花には「清純」、ピンクの花には「あなたを愛しています」と、花の色によって異なる意味を持っていますが、どの色にも共通している花言葉に「幸福の飛来・到来」というものがあります。

花の名前に蝶が使われている事からも分かるように、花びらがまるで蝶のような形をしており、その事と花言葉が合わさって、「蝶のように幸福が飛んで来る」というイメージが定着したのでしょう。
ですから、開店祝いや新築祝いなどに相応しい縁起が良い花とされているのです。

次の理由としては、花の寿命が長く、2ヶ月以上綺麗な花を咲かせていられるという点が挙げられ、花が長持ちするので贈り物として最適と言えます。また、鉢植えなので、「その場に根付く」という意味も込められています。更に、見た目の豪華さや高級なイメージが、日本人の感性に合っている事も理由の一つだと言えるでしょう。

近年は、ギフト需要の高まりで1年中手に入れる事が可能になり、生花店だけでなく胡蝶蘭専門のオンラインショップなども複数存在しています。
このように手に入れやすくなったという事も、贈り物に選ばれている理由と言えるのかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ