喜ばれる贈り物はマナーが重要です

退職や結婚など、人生の節目を迎える人や、誕生日の様なイベント事を控える人にプレゼントを選ぶ機会は沢山あり、その度に喜ばれる贈り物をしたいと考えますが、実際は毎回似た様な物を選んでしまったり、誰かと同じ物をあげてしまっていないかと心配する人は少なくありません。

年代や性別によって好みも分かれるため品選びは非常に難しいですが、最も大切な事は、「ありがとう」や「おめでとう」、「お元気ですか」と言った相手に対しての気持ちです。

また、贈る側だけの自己満足に陥らない事もとても大切で、「自分の好みだから」「高価な物だから」「ブランドの品だから」など、自分勝手に品物を選んでは折角の気持ちも伝わりにくくなってしまいます。

一人暮らしの人に日持ちしない食品を大量に送ったり、お酒を飲まない人にいくら高級な銘柄のお酒を贈っても、相手は迷惑だと感じるかもしれません。
ですから、先方の好みや家族構成、生活、年齢等を考慮すれば、自ずと喜ばれる贈り物を選べるのではないでしょうか。

また、相手に負担を感じさせない程度の金額の物を贈る事も大切なマナーです。
入学式からだいぶ経ってから入学祝いを贈ったり、産後数ヶ月過ぎてから出産祝いを贈るなど、タイミングのずれたプレゼントではお祝いの気持ちは伝わりませんので、タイミングを逃さない事も重要なポイントと言えます。

もしもタイミングを逃してしまった場合は、次の機会を狙って贈りましょう。
例えば出産祝いの場合であれば、1歳の誕生日や初節句を狙うと言った具合です。
相手を思い、贈るタイミングを考える事もプレゼントだと言え、喜ばれる贈り物とはこうしたマナーの上に成立するのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ