ひな祭りの贈り物マナー

3月3日は、女の子の末永い幸せと健やかな成長を願い、ひな人形を飾ってお祝いする「ひな祭り」の日です。
一部の地域には「流し雛」という習慣があるように、ひな人形にはその子の災いや厄を身代わりに受けてもらうという考えがあります。

また、病気や事故から守ってくれるようにという大人たちの願いも込められているのです。ひな祭りは桃の節句とも言い、女の子が生まれて初めての桃の節句を初節句と言い、姪や孫などの初節句にはお祝いをする方も多い事でしょう。

初節句祝いにはルールがありますので、マナーを守って贈る事が大切で、現金や商品券の場合は、祖父母なら5~30万円(ひな人形の購入代金を含む)、親戚・兄弟は5,000円~1万円、友人・知人は3,000円~5,000円が相場です。

贈り物をする際は、祖父母からはひな人形やひな飾りを贈る事が多く、親戚・兄弟・友人・知人は現金の場合と同じ相場の品物を贈るのが一般的になっています。

昔は嫁の実家がひな人形を贈るというケースが多かったようですが、現在は少子化の影響からか両家とも贈りたいと考える傾向があり、両家で折半するなど話し合って決める事が増えているようです。次に、親戚・兄弟からの贈り物として定番なのが、洋服・おもちゃ・お菓子などで、お返しの負担なども考えあまり高額な贈り物は避けるようにします。

そして、早めに届ける事が礼儀ですので、遅くても2月の中旬までには贈るようにし、届ける日取りは縁起のいい日を選ぶようにするか、お日柄の良い日に開封してもらうように一言添えると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ