お米は内祝いなどの贈り物に最適です

お米は日本の食文化に深く根付いている食材で日本人の主食です。
代表的な品種にはコシヒカリやひとめぼれ、あきたこまち、ササニシキなどがありますが、これらの名前は誰もが知っているものでしょう。

このように日本人にとってお米とはあたりまえに存在しているものですが、近頃では贈り物として用いるシーンも多く見られます。
例えば出産や結婚の内祝い、結婚式の引き出物、新築祝い、長寿のお祝いなど、用途は思いのほか様々です。

ギフト用に取扱うお店も多数あり、もらった側が感嘆の声を上げるような素敵なパッケージも多く、中でも八代目儀兵衛の十二単シリーズは、豪華なギフト箱の中に、料亭愛用の極み米が入った色彩豊かな風呂敷包みが並べられた素晴らしいもので、フォーマルギフトにお勧めできます。

また、八十八の福のFuroshikiシリーズは国産米の詰め合わせで、鮮やかな色の風呂敷や水引など日本の伝統文化を取り入れた可愛らしいパッケージデザインが人気です。

そして、日本の銘米では特Aランクのブランドセットのラインナップがあり、ブランドごとにそれぞれ違った和風のデザインが雅やかな雰囲気を醸し出しています。
用途別では、出産の内祝いで赤ちゃんの生まれたときの体重と同じ重さの体重米も喜ばれています。

パッケージには可愛いイラストと共に赤ちゃんの名前や写真などが印刷され、受け取った側は米袋を抱っこして赤ちゃんの重さを実感できます。お米自体もらって嬉しいものですし、このようにパッケージがお洒落だったり、重さが赤ちゃんと同じだったりすればインパクトも大きく、様々な場面での贈り物に最適ですので是非利用してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ