贈り物を両親に贈る機会

両親に贈り物をする機会は沢山あります。
大きく2つに分けて例を挙げるならば、1つ目が結婚記念日や還暦祝い、誕生日などの記念日で、2つ目が子供である自分の初任給やボーナスが出た時、成人式や結婚式など両親へ感謝を伝えたい時です。

1つ目の場合は、記念日に対する喜びとお祝いの気持ちを込めて選ぶようにします。
還暦祝いや誕生日などの贈り物には、父親と母親それぞれに好みの物を用意するのが最適ですので、本人の要望を聞いて、喜ばれるものを選びましょう。

また、結婚記念日や銀婚式などは二人の記念日ですので、お揃いの物や共通で使える贈り物がお勧めです。定番なのは、夫婦茶碗や湯飲み、コーヒーカップなどの毎日使うペアの食器ですが、すでにお揃いの食器を別の記念日に贈ってしまっているという方は、似顔絵やメッセージが飾れるプレートや旅行券なども良いでしょう。

プレートは世界に二つとない特別なギフトになりますし、旅行は二人でゆっくり行ってもらっても結構ですし、自分も参加して賑やかに過ごしてもらうというのも素敵な時間のプレゼントになります。次に2つ目の両親への感謝を伝える機会は、二人の好みに合わせたものを選ぶという点では同じです。

しかし、「今まで育ててくれてありがとう」と言う感謝の気持ちと「これからは大丈夫だよ、頼りにしてね」という安心させる思いを伝える事が大切ですから、品物と共に言葉や手紙で気持ちを伝える事を忘れてはいけません。
何を贈る場合でも、その真心が一番の喜びになる事でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ