贈り物でワインをプレゼントしてみよう

ワインは主にブドウの果汁を発酵させて作られたアルコール飲料で、いわゆるブドウ酒になります。世界各国で作られている人気のお酒でいろいろな種類がありますが、大きく分けて白、赤、ロゼの3種類に分類されます。

普段からワインを飲んでいる人や好きな人は自分の好みや人の好みもわかるので選びやすいですが、知らない人にとってはプレゼントをしようとすると難しい所でしょう。
そこで、わからない人でも贈り物をする際に、どれがよいか選べるポイントがあります。

相手の好みとして、先に述べた白、赤、ロゼのどれが好みかを聞き出して柑橘系の果物が好きかどうか確かめます。
方向性としてボルドー系とブルゴーニュ系の二つに分かれるのですが、これで酸味をチェックします。

贈る相手が男性か女性かでも意見が分かれるのですが、男性は酸味が苦手な人もいるのでボルドータイプ、女性はフルーティーな酸味を好む人が多いのでブルゴーニュタイプにしましょう。
そして、ヴィンテージ、生産年を選びます。

よく、誕生年などを選びがちですが、その年によって天候が生産の品質に大きく影響しているので人気と不人気の物があります。
万が一、選んだ年の物が不人気の物では相手もガッカリしてしまいます。
店員に聞いて、評価が高い年の物を選ぶとよいでしょう。

インターネットでもギフト用を販売しているサイトもあり、ワインセラーボックスに入れてラッピングをしてくれたり、フォトカードやワインについてのカードを添えてくれたりします。お店に行かなくても相談すれば選んでくれますので、このようなサイトも参考にして素敵なワインを選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ