チョコレートはバレンタインデーの王道的な贈り物です

バレンタインデーは、日本では女性が男性にチョコレートを贈って愛を伝える日とされています。2月14日が近づいてくると、百貨店やスーパーなどの専用コーナーをはじめ、WEBサイトでも多くのチョコレートが販売されます。中にはチョコレート以外の品物を贈る人もいますが、やはりバレンタインの贈り物と言えばチョコレートでしょう。

勿論オーソドックスではありますが、それ故に贈る相手の年齢や趣味などを考慮する必要性もそれ程ありませんし、特にこの時期は普段見かける一般的なチョコとは違った高級なものやお洒落なもの、ユニークなものなど様々な商品が多数出回りますので選ぶ側も楽しめます。

そこで、バレンタインの贈り物にお勧めのチョコレートをいくつか紹介します。
まず、新潟菓子工房菜菓亭の生チョコロールは限定商品となっていて一つずつが手作りです。2種類のベルギー産チョコレートと北海道産の生クリームを贅沢に使用しており、濃厚な味とボリューム感で人気があります。

また、スイス生まれのプレミアムチョコレートブランド、リンツの限定品であるオリジナルトリュフボックスや、2層チョコがハート型になったリンドールハートはパッケージなども可愛くお洒落です。

そして、伊藤久右衛門の宇治抹茶生チョコレートは、挽き立ての抹茶のほろ苦さと口の中でとろける生チョコレートの控え目な甘さのバランスが絶妙で、和風という点も一風変わった印象が持たれてよいでしょう。

その他にも、池ノ上ピエールのコフル・オ・ショコラや、ルタオのガトーロワイヤル、エール・エルのチョコワッフルなど、この時期ならではのチョコも沢山ありますので、やはりチョコレートは王道的な贈り物と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ