病院のお見舞いの常識を知ってから贈り物をしよう

怪我や病気で入院した方に、どんな贈り物をするのが良いか迷うものです。
本来、相手のことを考えて見舞うことが大切なので、特に縁起を気にする方には細心の注意を払いましょう。

また、相手の病状やお付き合いの度合い、入院の期間などを配慮することも大切です。
贈り物の金額としては三千円から一万円程度で、あまり高価な贈り物など、贈られた方がお返しに困るような物は避けましょう。
一般的には花や果物、お菓子や飲み物、本などがあります。

しかし、その中でもタブーとされているものがあるので、きちんとおさえておくことが重要です。花は色や香りが強いものや、鉢植えは「病気が根付く」という意味を連想させるため避けるようにし、シクラメンや赤いバラ、白い花など、不吉なことを連想させる花もいけません。

また、病院や病棟によっては花の持ち込みが禁止されているケースもあります。
果物やお菓子なども、食事制限などがないか事前に確認すると良いでしょう。

飲み物に関しては、他のお知り合いがお見舞いにきた際に気軽に出せるので重宝しますが、炭酸はあまりお勧めできません。
本や雑誌などは時間潰しになりますので、事前に本人の趣味や好きな雑誌などがわかると間違いなく、本人の希望であれば問題ないですが病気の本は避けましょう。

また、それ以外でもパジャマやくし、鏡、オーラルケア用品などはふさわしくありません。
やはり、一番喜ばれる贈り物は相手を心配してお見舞いをすることです。
入院直後や手術前後は本人の体調や精神的な不安を考えた上で面会は控え、だいたい入院してから一週間以降が目安となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ