喜寿祝いには喜ばれる贈り物を

喜寿は数え年で77歳の長寿を祝うお祝いで、由来は喜の文字が七十七と読める事からと言われています。今では、男性も女性も還暦を過ぎても健康で現役の方も増え、皆さん健康ですが、昔は60歳まで存命するのは非常に稀だった事から60歳以上の方々に、この様な祝い方で感謝を表す様になりました。

還暦祝いにはちゃんちゃんこなど赤いものをプレゼントしますが、喜寿祝いの場合は紫色や紺色の物を贈ります。お酒の好きな方には、紫色の瓶でラベルに名前が書いてある焼酎や日本酒や、ずっと飾って見ていられる名前詩や祖父母の似顔絵の額、また、名前が入った湯呑み茶碗などが定番です。

しかし、今は色や形にはとらわれず、おじいちゃんやおばあちゃんが好きな色で感謝を表せる物であれば、どんな物でもプレゼントになり喜んでもらえますので、何が欲しいか聞いて贈るのも良いでしょう。
それでも迷う場合は、ネットでのランキング等も参考になります。

プリザーブドフラワーや好きな野球チームのユニホームと帽子、時計、手作りのマフラーに手袋、孫達全員からの寄せ書きと、本当に様々な物が贈り物となっています。
Tシャツのバックプリントに感謝のメッセージをプリントしたり、年齢の77と名前をプリントするのも面白いです。

贈る物に駄目な物はありませんので、祖父や祖母が喜んでくれる顔を想像しながら、是非、一生に一度の大切なプレゼントを贈ってください。
ご家族やお孫さん達からの贈り物であれば、きっと喜んで益々長生きしていただける事でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ