種類が豊富なビールは喜ばれる贈り物です

昔から日本では、現金や品物を贈る習慣があります。
贈り物とは、しっかり気持ちを伝える為のコミュニケーションツールであり、人と人との交流を広げ人間関係をスムーズに運ぶ潤滑油の様な役割を果たしています。

長引く不況で家計は圧迫され、普段購入するのは発泡酒や雑酒ばかりという家庭は多く、第3のビールと呼ばれる雑酒は年々出荷数を増やしています。
ですから、普段中々買えない上等なビールを受け取ると喜ぶ家庭は多いのではないでしょうか。

日本はメーカーも多いですが、更に各メーカーから多くの種類を出しており選択肢が豊富です。
本来の原料は麦芽とホップですが、副原料に米やコーンを使って、様々なのどごしや香味の商品が作られています。

100%麦芽の原料のものは一般的に味わいが深く、濃く、広がりが出て来るので、一日の終わりにじっくりと味わいを楽しみ、疲れを癒して貰いたい時は1こうした商品を贈ることをお勧めします。

一方、米やコーンを使ったものはすっきりとした香味になり、日本人はどちらかというとすっきりした飲み口を好む方が多い傾向があるので、相手の好みが分からない時はこちらを贈った方が無難でしょう。他にも、原料や醸造方法にこだわりを持った高級志向のプレミアムも、自分ではなかなか買う機会がないので喜ばれます。

また、ドイツやベルギーといった定評ある国の輸入物や日本各地の地ビールなども珍しく、旅行に出掛けた様な楽しい気分になります。
いくつも種類があり選ぶのに迷ってしまいますが、相手を思い心をこめて贈り物を選べば、きっと喜んで貰えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ