定年退職にふさわしい贈り物とは

これまで積み重ねた年月や、数多くの後輩を育て職場を支えてくれた日々に感謝と尊敬を込めて贈る退職祝いですが、どの様な贈り物がふさわしいでしょうか。
まず水引ですが、紅白の蝶結びを選びます。

定年退職の場合、家族とのんびり第2の人生を歩みたい人もいれば、まだまだ現役で働きたい気持ちの人もいるので、相手の気持ちを考慮して表書きは「御礼」や「謹呈」とします。そして、ギフトには必ず手紙を書きましょう。品物はあくまで添え物であり、感謝やお祝いの気持ちを込めた手紙が一番の贈り物となります。

次に、定年退職ですと目上の方に贈るので、下に身に着ける肌着や足で踏みつけるスリッパや履物、敷物は失礼とされています。また、「より勤勉」を表す腕時計や万年筆、かばんもタブーと言われています。反対に、プレゼントに適しているのは、長年の勤務と奮励を労い、その勤め先に勤務していたことが証として記念に残る品です。

加えて、相手の嗜好に合い、普段の贈り物とは違うスペシャル感があれば、間違いなく喜んで貰えるでしょう。
同じ花束でも花びらにメッセージが刻まれているプリザーブドフラワーや、ネームや日付を彫刻した繊細な江戸切子のグラスは華やかで記念に残る一品です。

他にも、趣味に合わせた一眼レフのカメラや工具セット、退職後も更に活躍する方にはブラシのセットやグルーミングキットなども喜ばれるでしょう。
定年退職は一生に一度の事ですから、感謝の気持ちと新たな人生の門出を祝福出来る様な素敵な品を選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ