結婚式の贈り物マナー

結婚祝いの贈り物は、招待状を受け取ってから結婚式の1週間前までに贈るようにしましょう。大安吉日の午前中に持参して手渡すのが正式ですが、結婚式前は忙しい時期ですので、送付しても良いでしょう。
持参する場合は、必ず先方の予定を伺う事が大切です。

また、送付する際には、メッセージカードなどを添える事を忘れないようにして下さい。もし、披露宴までに間に合わない場合でも、披露宴会場に持参する事は荷物になり、迷惑になってしまいますので避けるようにします。
さて、結婚祝いには何を贈れば良いのでしょうか。

もちろん、結婚されるお二人の喜ぶ物を贈るのが一番ですが、結婚祝いとして避けた方が良い品があります。
それは、「縁を切る」や「仲が割れる・壊れる」などを連想させるもので、例えば、ガラス製品や陶器などの割れ物や包丁・はさみ・ナイフなどの刃物が挙げられます。

しかし、ペアのワイングラスやコーヒーカップなどは贈り物として好まれますし、高級な包丁などをリクエストする方もいますので、そのような時は相手に承諾を得ると良いでしょう。

結婚祝いに人気があるのが、ペアの食器・調理器具・鍋などのキッチン用品で、新郎新婦に喜ばれる傾向にあります。
ペア食器は、お二人の名前や結婚式の日付入りの物が人気なのでお勧めですし、調理器具や鍋などは自分では買わない少し贅沢なブランドを選ぶと良いでしょう。

その際も、新郎新婦の好みに合うものを選ぶ事と他の贈り物と被らないようにする為に、事前のリサーチが重要になります。
いずれにしても、相手に対する配慮が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ