退職する上司への贈り物

退職する上司への贈り物に何を選ぶべきか、このようなことは社会人であれば悩むことが有るのではないでしょうか。
お世話になった気持ちを伝え、思い出に残るプレゼントを贈りたいものです。

基本的には、お世話になった度合いに応じて、心からの感謝を表すものであれば何でも良いのですが、あまり高価なものや華美なものは適当ではありませんし、上司の人柄を考える必要もあります。

お世話になったといっても、役職者は部下の面倒を見ることも仕事の一部と考えていることが多いので、お礼の必要はないという場合もありますし、定年退職者は退職金も受け取るので、高価な物を受け取った場合は却ってその返礼で悩ませてしまうことになりかねません。

また、上司の家族に誤解を与えるようなものも避ける必要があるでしょう。
特に退職する上司が男性で、贈るほうが若い女性の場合は、不倫関係などのあらぬことを疑われ、あとでトラブルになってしまうことも考えられます。
このようなことは、かえって上司に迷惑をかける事になってしまうので適当ではありません。

やはり、社会常識や職場の前例を十分考慮する必要があります。
職場によっては、職員一同から花束や記念品の贈呈をすることもあるでしょう。
その場合は、よほど個人的に親しい間柄や特別にお世話になった場合でないのならば、個人で贈り物を行う必要はないと言えます。

通常の退職ではなく病気などの特別な事情によるものの場合はまた別で、病気の種類によってはかえってその贈り物によって症状が悪化することもあるので、職場の人からよく事情を聞いて、相談することが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ