有名なものから以外なものまで山形県の贈り物

よく人の顔の形と言われる山形県ですが、東に東北の背骨、奥羽山脈を望み、県内西部には朝日連峰、北西部には山岳密教で知られる出羽山地を擁するといった、県内の大半を山地が占めています。

同時に西は良質な漁場である日本海に面しており、正に海と山の幸に恵まれた県でもあります。
言ってみればギフトに最適な産物が溢れている場所でもあります。

一例を挙げれば、ある意味、県の代名詞ともなっているサクランボは殊に有名です。
大粒で甘みの強い佐藤錦などは高級ギフトとして絶大なる人気を誇っています。
また、ラ・フランスの名で知られる西洋梨も近年有名になってきました。

山地が多いので、ブドウの栽培も盛んであり、ワインの製造所も多く存在し、それぞれの個性溢れる味で競っています。
庄内地方には全国でも珍しい砂丘があり、そこで栽培される砂丘メロンも人気を集めています。

これらフルーツ単品をしても有名なのですが、その加工品にも力を入れており、ゼリーやケーキ、飲料などアイディアいっぱいの商品群も魅力です。
また、それらの品々は、ご当地でしか入手出来ない物も多くあり、それがまた人気の贈り物としての原因ともなっています。

食以外では、知る人ぞ知るといった存在の山形鋳物鉄器、将棋愛好家垂涎の的とも言われる天童の手彫り将棋駒。
そして意外なところでは庄内金魚として知られる金魚の養殖地でもあります。
魚といえば一昔前に話題となった人面魚も鶴岡市内のお寺が発祥でした。

近くには高僧のミイラで知られる出羽三山も位置し、そちらのミイラグッズも奇抜な贈り物として人気を集めています。
山形県を訪れる際のお土産には、有名なフルーツなどは勿論ですが、ちょっと意外なものも贈り物としては喜ばれるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ