餞別の贈り物は、立場や性別、退職理由を考慮して選び、また手書きの言葉などを添えればより一層気持ちが伝わります

会社を退職する同僚への餞別の贈り物はどういったものが良いのか、悩むところです。
その同僚の立場や性別、それに退職理由によっても、どういうものを選んだほうがよいのかは異なってきます。

結婚退職でしたら、やはりお祝いの意味を込めたものを贈ったほうが嬉しいでしょうし、定年退職でしたら長年の勤労を思いやったそれなりにしっかりとした贈り物のほうが、箔が付くといえるでしょう。

とはいえ、やはり大事なのは物ではなく、気持ちです。
気持ちは形には簡単にできないものですが、たとえば贈り物に一筆箋をつけてはなむけの、あるいはお祝いの手書きの言葉を添えてみれば、いっそうその温かさが伝わってくることでしょう。

それはどんなに高価だったり貴重だったりする品物よりも、きっと受け取る人の心に響き、後々まで長い間ずっと思い出として残しておいてくれます。
それでは具体的にではどういった物が好まれるかといえば、それは個人の個性にあわせたものにしておいたほうが、餞別としてはふさわしいです。

無難に菓子詰のセットだという手もありますが、さすがにそれでは有り触れいているように感じられます。
さりげなく嗜好を聞いておいて、それにあわせたものにすれば、さらに喜んでもらえます。

若干手間の掛かることではありますが、最後の花道を飾る意味で、ひと頑張りしてみることも、けして悪い経験ではないと思います。
そうすればいずれ自分が贈られる立場になったとき、あらためて心の込めた餞をして貰えることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ