役員に就かれる方への、就任祝いの贈り物は、お知らせが届いてからすぐ贈るのが鉄則です

社長や取締役などの役員に身近な人が就任することになったら就任祝いを贈ります。
もちろん仕事の取引先関係のお世話になった人が役員に就任することになったらお祝いを贈ることは忘れてはなりません。

特に面識がない場合には必要ないかもしれませんが、取引先関係の方には必ずお祝いを贈るようにしてください。
取引先関係であれば就任に関するお知らせが届けられるので、お知らせが届いたらなるべく早いタイミングで贈るようにしてください。

もし就任パーティー等がある場合にはそのタイミングにお祝いを贈るように手配するのもいいでしょう。
仕事関係ではなく友人や知人が就任することになった場合にもできる限り早く知らせを受けたら贈るようにしてください。

就任祝いとして贈るものは一般的に現金はあまり望ましくありませんので、贈り物を贈るようにしてください。
具体的に何を贈り物として贈るのが良いかと言いますと、花が良いとされています。

「根を下ろしてこれからもがんばってください」という願いを込めて、鉢植えの胡蝶蘭などを贈ることが一般的です。
最近ではアレンジメントフラワーなども人気となっています。
また花でも香りの強いものは苦手な人もいますから贈らないようにしてください。

相場ですが、取引先関係であれば社長に就任の際には5万円以上、取締役及び役員であれば3万円以上といわれています。
会社とのつながりにより金額は変わってくることがありますので、会社の方針がどのようになっているのかを調べて最終的にいくらの品物にするかを選ぶようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ