昇進祝いの贈り物は、正式な発表があってから遅くとも2週間以内に贈ります

周りの人の昇進や栄転は喜ばしいことですから、昇進祝いや栄転祝いを贈ることもいいでしょう。

噂の段階や確定が出ていない段階でお祝いを贈ると間違いがあった場合には失礼に当たりますから、正式な発表があってから1週間から遅くとも2週間以内には贈るようにしてください。

昇進祝いや栄転祝いは内輪での行うことが一般的ですので、お世話になった方や親しい間柄の人だけでお祝いを贈るのは構いません。

目上の方に贈る場合には金封で贈るのはタブーとされていますので、何か贈り物を贈るようにしてください。
贈り物の中にはタブーとされているものもあります。

昇進や栄転を祝うのですからその人の今後の活躍を願う気持ちからかけ離れた、壊れやすいものは贈らないようにしてください。
また上司へは、靴下や靴、下着など下のほうに身に付けるものは贈らないほうが良いとされています。

お祝いとして喜ばれる贈り物としては、これからの仕事で使うことができるものやその人の趣味がわかっている場合には趣味に合ったものがいいようです。
お祝いの相場としては5000円から2万円ほどの間で、職場の人数人と合わせて何か一つのものを贈るという選択もいいでしょう。

贈る際には、紅白もしくは金銀の蝶結びの水引ののしを使い、御昇進祝や御栄転祝、御祝などと表書きには書くようにしてください。
一般的には品物で贈られますが、相手との関係から金封を贈る場合にはあわび結びの水引を使うことも出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ